賢い借金返済方法おすすめ4選!

賢い借金返済方法おすすめ1.過払い金請求

以前は金融機関から借金をするには、色々と面倒な書類を用意しなければならなかったり、審査に時間が掛かったりしたので、思うようには借り入れが出来ませんでした。
しかし今はカードローンやキャッシングなどが誕生して、簡単な審査で短時間で、時には即日で融資が出来るようになっています。
ですから金融機関から借入をする人が、昔よりもかなり増えています。

金融機関からをした人のほとんどが、返済する時に利息を付して払っているはずです。
この利息の所為で、支払いに苦労したと言う人も少なくはないはずです。
金融機関から借金をして利息を返済した事がある方の中に、利息を払いすぎてしまっている人がいるかもしれません。

この払い過ぎてしまった利息の事を過払い金と言い、ちゃんとした賢い方法で返してもらう事が出来ます。
過払い金と言うのは本来払う必要のなかったお金ですから、返してもらえるなら返してもらうのが得策です。

過払い金を返してもらう方法は、賢い弁護士や司法書士などの過払い金問題に詳しい法律家に相談をする必要があります。
金融機関の借金返済で利息を払った人全ての過払い金があるとは限りませんから、まずは過払い金の有無を確認しなければいけません。
それを過払い金相談の時にするのです。

過払い金がもしあったとしたら、次に過払い金を返還してもらう為に申請をする必要があります。
この手続きは一般の人には難しいですから、相談したついでに代わりにしてもらうのがおすすめです。
過払い金には時効が設定されていますから、お心当たりのある方は、お早めに過払い金相談する事をお勧めします。

参考:賢い借金返済方法は?はっきり正直に答えます。

賢い借金返済方法おすすめ2.上手な節約

妻と子供がいるというのに、欲望にかられ借入を作りました。
それまでは、そこそこ良い生活をしていたために、妻は専業主婦、子供もやや贅沢を楽しんでいました。
節約で上手な借金返済方法と思っても、突然生活レベルが下がることに、妻と子供も耐えられないようです。

よその家庭は、週末には外食をするのが当たり前。
それも、ファミレスではなく料亭やバイキング。

しかし我が家では借金返済のため節約して、食事は具のない30円のうどん。
栄養は偏り、子供は育ち盛りだというのにガリガリです。
給食でなんとか栄養が補えるのが救い。

妻は今更働きに出ようにも、就職先は無く、低賃金のパートも馬鹿らしくてできない、と金持ちとの再婚をほのめかす始末。

自分は、というと水筒に水を入れ、会社で喉を潤し昼食は無し。
朝は安売りのパンを食べ、夜は醤油すら無い卵かけご飯。

子供はよく動くために、すぐに靴がボロボロとなり、靴下にも穴が空き、服も擦り切れてしまうのですがまだ着れる、と服飾品を買い替えません。
妻は化粧をしなくなり、返済のための節約を強いられ、ストレスからイライラするようになりました。

家庭を作るならばお金が無くては資格が無い、家庭を作ったならば幸せにしなければならず、借金はもってのほか、と今更ながらも思います。
お金は幸せでもあります。
上手な節約とは程遠く、家族全員が不幸となりました。

賢い借金返済方法おすすめ3.パチンコの副業

借金100万の返済で、なかなかお金が用意できそうにない場合に、パチンコなどで一攫千金を狙って稼ごうとする人も中にはいるかもしれません。
返すまでに時間がかかると、その分利息も大きくなってしまうので、早く返すためには、そういった方法でなんとかお金を稼ぐしかないと思って、そういう行動に出るのかと思いますが、これはやはり精神的なものも作用して、あまり成功しない場合が多いと思われます。

それは早く借金100万を返したいがために、焦りがあります。
そして、損をすると、その損をバイ返しにしないといけないと思って、さらに焦ります。
その繰り返しで、なかなか冷静な判断ができずに結果負け続けてしまうということが起きてしまいかねないのです。

単なる趣味でパチンコをやっている場合には、精神的には平穏な状態で、冷静な判断もできます。
100万の借金返済方法として、つまり、人生を賭けている状況では、確実に焦りが生じます。
負けが込むと不安も大きくなるでしょう。

したがって、借金返済のために副業としてパチンコで返していく方法は、当然リスクも大きいですが、支払いを抱えている精神状態だと、そのリスクはさらに大きくなる可能性があります。
逆に借入が増えてしまうこともありえますから、あまりオススメできません。

賢い借金返済方法おすすめ4.弁護士に相談するのがコツ

借金返済で悩んでいる人は多いと思いますが、なかなか相談できないという人は多いのではないでしょうか。
家族に知られる、職場に知られるといろいろ不安要素もあるので、なかなか人には言えないといのも無理はありません。
また、借金返済の相談をしない人の多くが計画を立てず、いつかは返せるのではという思い込みがある場合もあります。

返すに越したことはありませんが、本当に返すことができるのかどうかは、ご自身でわかるはずです。
そう考えている人の多くが無計画で、毎月の収支は赤字という人が結構います。

しかし、そのほとんどが支払いの先延ばしでやりくりしている状況が多々あります。
これは根本的な解決ではありません。一時しのぎの方法ですので、いつかは破綻する恐れがあります。
その不安にかられている人も多いはずです。

かといって、友人にも言えないと悩んでいる人は、是非弁護士に借金返済の相談してみるのがコツです。
私が勤務する職場にも多重債務窓口があります。
初回は無料、家族への秘密もOK。

そして内容は秘密にするということが書かれています。
初回が無料というのは結構あります。
実際に依頼するかどうかはその後で決めればいいのです。
まずは弁護士に相談することが解決の鍵となります。